ガン検診を受けるメリットとはなにか

 ガン検診を受ける目的は早期発見とガンで死亡する可能性を少なくすることです。
ただ多くのガンを発見することだけが目的ではない。 ガン検診で発見されるガンには死亡原因にならないガンもあるからです。 確実に死亡を減少させるかは科学的な検証が必要です。
科学的根拠に基づいた検診であることで初めてガン検診は効果があります。

 ガン検診の最大のメリットは2つあります。
一つは早期発見、もう一つは早期発見による救命効果が高いということです。
症状のない人が受けるので早期ガンが発見されます。 症状があって病院に行った場合はガン検診に比べて進行したがんが見つかりやすいです。 早期ガンは軽い治療で済み、殆どが治ります。
進行したガンは発症した臓器によって異なるが、治すできないことが多くあります。

 ガン検診でガンになる前の細胞も発見できます。
ガンになる細胞の具体例としては大腸がんのポリープ(大腸腺腫)や子宮頸がんの異型上皮などがあります。 前がん異変は治療によりガンになるのを防げます。 検診により子宮頸がんなどの2つのガンではガンを減らせることがわかっています。

ガン検診を受けて「異常なし」と判断されても、多くの人は「ガンがない」ということで安心します。