ガン検診を正しく受けるために

 ガン検診を受ける目的は早期発見と適切な治療を行い、ガンでの死亡を減少させるためです。 多くのガンを発見することが目的ではありません。 目的をはっきり理解した上で、ガン検診を正しく受けることが必要です。

 ガン検診について正しく知る必要性があります。

 ガン検診が必要なのはどのような人なのか説明します。
(1)検診の対象となるのは症状のない人
ガンで大切なことは症状が出る前の早い段階で発見して適切な治療を行うことです。 ガンを早期に発見することで死亡のリスクが減少する。 ガン検診を受ける多くの人は健康な人なので発見率が高いとは限りません。
(2)ガン検診の基本条件
検診を行うのに適しているガンは患者数が多いものがよいです。 多くの人がなりやすいものを検診したほうがガンの発見率が上がります。

 ガン検診を行うことで死亡率は確実に減少します。 医療技術は日々進歩してるので、ガンの早期発見や早期治療によって死亡率は徐々に減少傾向にあります。
ガン検診で発見されたガンにどのような治療法があるか知る必要があります。 効果的な治療法があることで救命につながります。
ガン検診を受けることでガンに対して意識を持ちことが重要です。
ガン検診の認知度を高めることも必要です。
今まで以上に死亡率を減少させるためにガン検診をより普及していく必要があります。