部分別ガン検診について

 胃ガン検診は男女ともに40歳以上は年に1度は検診を受けたほうがよい。
ガン検診の方法は胃X線検査、胃内視鏡検査などです。 検査の中でも胃X線検査は効果があると言われていますが、他の方法は効果が不明と判断されています。

 胃ガン検診ではバリウムを飲むので胃X線検査が有名。 胃ガン検診ではバリウムと発泡剤を飲み、胃の中の粘膜を観察する検査です。 検診で胃ガン以外にも胃潰瘍やポリープも発見される。 胃ガン検診の検査当日は朝食を食べてはいけないなどの注意事項があるので注意が必要です。 ガンがある人を正しく判断できる精度は約75%です。

 胃X線検査では、10%前後の人が精密検査の必要があると判定されます。 結果が悪い時は必ず精密検査を受けるとよいでしょう。

 精密検査の方法は2種類あり、悪性の可能性の程度と疑わしい病変の部位で選ばれます。 検査方法は胃内視鏡検査と胃X線検査の2種類です。

 肺ガン検診も男女ともに40歳以上は年に1度は検診を受けたほうがよい。

 肺ガンの予防には何よりも禁煙が重要です。 肺ガン検診で効果がある方法は胸部X線検査です。 喫煙者は喀痰細胞診を組み合わせた方法があります。 胸部X線検査では約3%、喀痰細胞診では約1%が精密検査の必要があると判定されます。

 肺ガンの精密検査の方法は2種類あります。 胸部CT検査と気管支鏡検査があり、方法は悪性の有無と疑わしい病変の部位で選ばれます。 検査で異常ない場合でも年1回検診を受けた方がいい。

 検査によってがん以外の病気が見つかることもあります。 ガン以外の病気が見つかった場合はどのような処置が必要かいいと相談する必要があります。