ガン検診のデメリットとはなにか

 ガン検診のデメリットとは、検診での不備や検診を受けることで不利益を被ることです。

 ガン検診にはメリットだけでなくデメリットもある。 ガン検診では100%ガンが見つかるというわけではありません。 いかに優れた検査でも精度は100%ではありません。 細胞にガンが発生してから一定の大きさになるまでは検査によって発見することはできません。

 ガンの種類や検査の精度で発見率は異なります。
ガンが発見しにくい形や場所であったりした場合も発見率は変わってきます。 どのような検診を受けても多少の見逃しは発生します。

 ガン検診を受けたため、結果的に不必要な治療や検査をする必要が出てくる可能性も出てきます。 ガン検診では過剰診断ということもあります。 生きていくうえで問題のないガンや微小で今後も進行がんになる可能性のないガンも見つかる場合があります。 現在の技術では普通のガンとの区別はできません。 早期治療を重点にした場合このような小さなガンも手術などの治療行わないといけなくなることもあります。

 検診の結果次第では精密検査する必要が出てきます。 どんな検診にも偽陽性があって精密な検査を行うまではちゃんとした結果がわからないこともあります。 早期発見で治療を行うためには仕方がない部分もあるが、結果として不要な検査や治療を行うこともあります。